各駅停車もさお号

ちんちん電車で、ぶらり旅。

人生

こんばんは、もさおです。

今日は、自分の焦燥感を少しでも落ち着けるために更新を決めました。

 

やりたいことが多すぎて困っています。

何だかんだ騒ぎつつ、サークルと部活とバイトはこのまま続けたいのです。しかし、他のやりたいことができなくてパニックに陥ってしまいました。私は1度パニックすると日常生活に支障を来してしまうのです。パニック障害ほど重くはないのですが、何につけても焦燥感に襲われてイライラと涙が止まらなくなり、愚痴を言わないと大袈裟でなく心が壊れてしまいそうになります。怖くて仕方ありません。今までは(と言ってもここまでひどいパニックに襲われたのは高2の部長期と大学生になってからだけなのですが)Twitterで愚痴を言って、何とか心を壊さずに済んでいました。ですが、ここ最近はそれによって友人たちに……いや、私が心の底から大事だと思っているただ1人に嫌われたように思い、その行為すらもパニックの要因になってしまっているのです。そのパニックでまたツイートをし、さらにパニックする悪循環……。耐えられません。だからブログに逃げてきました。

 

話を本題に戻しましょう。

 

以前述べた通り、私はサークルと部活をかけもちし、バイトもしています。さらに、授業もかなり多く取っている方だと思います(周りにはそう言われます。英語のクラスの男子に「そんなに履修詰めてるのにバイトしてるの!?」と驚かれました。意味もない優越感を感じました。その優越感がいけないのでしょうが、その話はおいおい)。何ならゼミも2つ+必修のゼミの計3コマとっています。あほですね。

つまり、時間がありません。

先ほど述べたように、わたしにはやりたいことが山ほどあるのです。

・サークル

・部活

・バイト

・授業の勉強

・英語の勉強

・高校の地歴公民

・演技を習いたい

TRPGのシナリオを書きたい

・4月のオンリーで同人誌を3冊出したい

・海外短期研修に行きたい

・さっさと運転免許を取りたい

・遊びに行きたい

・小説を書きたい

インターンに行きたい

さっと並べただけでもこんなにたくさん。じっくり考えればもっとあるでしょう。

それが焦燥感とどう関係するのか。心理カウンセリングに通いつつ自分と向き合って分かったのは、「やりたいことをできていない」状況が怖いのではないかと思いつきました。

そう、気づいたのです。私はきっと、やりたいことを全てやらなければならないという強迫観念に苦しめられているのです。やらない後悔よりやった後悔、という私の座右の銘が、こうも苦しくなるのか。しんど。

どなたか助けてください。やりたいことを全てはできないのが当たり前なのでしょうが、その事実が怖くて仕方ありません。

対策法を求めます。因みに私も、自分のことですので、カウンセラーさんにこのことを相談しようと思います。